社内報アワード

社内報企画を応募したい方

icon

応募要項

「社内報アワード2020」コンクール概要

応募受付スタート!

2002年のスタートより19回目を迎える「社内報アワード2020」。前回2019年は過去最多195社よりご応募いただきました。2020年から多数のご要望にお応えして「紙社内報部門 1冊子(20ページ以上、19ページ以下)」「Web/アプリ社内報部門 媒体全体」を新設! どうぞ奮ってご応募ください!
「社内報アワード」とは? 全体概要はこちら

応募要項

応募条件
  • 2019年4月~2020年3月に発行・配信され、従業員を主な読者対象とした
    紙社内報、Web/アプリ社内報、動画社内報、周年誌・記念誌など
    1. 応募作品は「社内報アワード2020」の審査のみに使用し、その他には使用しません。 各部門にてゴールド(85点以上)・シルバー(80点以上)・ブロンズ(75点以上)各賞に入賞された企画につきましては、「社内報アワード2020表彰式&ナレッジ共有イベント」(2020年10月9日)当日の「入賞作品展示コーナー」および弊社内「社内報アワード2020社内報ギャラリー」での展示、弊社セミナーでの事例紹介での使用について許諾をお願いしております(禁帯出・禁複製・禁撮影・禁配布)。入賞企業様には、別途詳細をご連絡申し上げます。機密情報保護のための誌面の加工なども、その際に個別に承ります。また入賞作品の社名・誌名・企画名は「社内報アワード2020入賞一覧」として弊社発信媒体などで掲載いたします。

    2. 弊社とお取引がない企業様もご応募いただけます。

応募部門
  • 【紙社内報部門】

    1. 特集・単発企画(8ページ以上)……特集や単発の企画
    2. 特集・単発企画(7ページ以下)……特集や単発の企画
    3. 連載・常設企画……定期掲載されている定例企画
    4. 表紙企画……誌名ロゴの入った表紙
    5. (6)1冊子(20ページ以上/19ページ以下)……1冊子全体 ※本年より新設
  • 【Web/アプリ社内報部門】……Web、イントラネット、アプリなどサーバ上に掲載する社内報

    1. 企画単体……特集や単発、連載など企画単体
    2. 媒体全体……Web社内報、アプリ社内報全体 ※本年より新設
  • 【動画社内報部門】……従業員向けに制作した動画

  • 【特別部門】……インターナルコミュニケーションを主目的に主に従業員向けに企画制作した上記以外の1媒体

応募費用

・1企画30,000円(税別)

・1媒体50,000円(税別)※紙社内報部門1冊子、Web/アプリ社内報部門媒体全体、特別部門

応募締切

2020年3月31日(火)必着

「社内報アワード2020」コンクールへの応募方法、エントリー費用、スケジュールなどを掲載したリーフレットです。ご応募前にご一読くださいますよう、お願い申し上げます。

※ボタンをクリックすると申し込みフォームが開きます。

※ボタンをクリックすると申し込みフォームが開きます。

2020年Topics

「紙社内報部門1冊子(20ページ以上、19ページ以下)」「Web/アプリ社内報部門 媒体全体」新設!

多くのご要望にお応えし、本年は「紙社内報部門1冊子(20ページ以上、19ページ以下)」と「Web/アプリ社内報部門 媒体全体」を新設! 思い入れのある1冊、サイト設計に自信のある「Web社内報全体」を、初代グランプリを目指してぜひご応募ください! 

小山薫堂氏が特別審査員に就任!

「社内報アワード」を通して、社内報業界の活性化を支援

 

「くまもん」のプロデュースや映画『おくりびと』の脚本などで有名な小山薫堂氏が、昨年に続き、特別審査員に。さまざまな舞台で活躍する同氏が「社内報アワード」を通して、社内報業界を盛り上げます。

特別審査員の小山薫堂氏

表彰式&ナレッジ共有イベント

2019年は過去最高の295社485名の社内報担当者が参加!

●2020年10月9日(金)
イイノホール&カンファレンスセンターにて開催!

今年の表彰式&ナレッジ共有イベントでも、毎年好評のゴールド賞受賞企業による事例発表を実施します。2019年は過去最高の295社485名の社内報担当者の皆様にご参加いただきました。本年もよりご満足いただけるイベントを目指します。 事例発表その他のプログラム詳細は、決定次第お知らせします。※「社内報アワード」コンクールご応募企業は、イベントにご優待で参加いただけます

2019年のイベントの様子

社内報づくりにかかわる全ての方に寄り添います