ウィズワークスのコンサルティングとは

ウィズワークスのコンサルティングとはナレッジを集結した「良い会社づくり」

ウィズワークスは、「制作」「専門誌」「研究所」の3つの柱が連携して出来上がっています。これは他のどこにもない私たちの強みです。

「専門誌」と「研究所」があるからこそ語れる本質論と、長年の「制作」経験から導き出せる具体策をもって、みなさんの課題を一緒に解決していきたい
――それが私たちのコンサルティングです。

私たちのコンサルティング・コード

コンセプトを提示するコンサルティング・ファーム。アウトプットを制作するアウトソーサー。コンサルタントの実体験と、ウィズワークスが持つ専門家のネットワークを駆使して両方の機能を発揮します。

その中で一番大切にしているのは、一つひとつに丁寧に向き合い会話すること。

「良い会社づくり」を目指し、自らの手で企業・組織を変革していこうという強い意志を持った企業の皆さまとの会話から課題の奥底に眠っている本質を導き出します。

コンサルティング・メニュー

01・「良い会社」診断

ウィズワークスの有する、長年に渡る「制作」「専門誌」「研究所」の活動を通じて蓄積された知見を基に、独自の「良い会社」診断基準を確立しました。社員満足・顧客満足、モチベーション、働きがい、パフォーマンス、ステークホルダー・エンゲージメント等の診断項目により、御社の強みと課題を明確にし、ウィズワークスによるソリューションを提案します。

02・インナー・ブランディング・コンサルティング

ナナ総合コミュニケーション研究所(ナナ総研)の社内コミュニケーションに関するナレッジと、社内報制作で培った「読まれる、伝えるノウハウ」で制作した社内報やブランドブックを通じて、ブランディングの社内浸透をお手伝いします。

03・社内コミュニケーション・コンサルティング

ナナ総研の持つ豊富な企業事例を参考に、ご相談企業らしい社内コミュニケーションの形を模索します。

社内報の創刊や改善はもちろん、社内広報メディアとリアルなイベントとの連携や、自社内の各種メディアの効果的なメディアミックスをご提案します。

04・総務部門業務改善コンサルティング

今後の総務部門の在り方を考え続ける『月刊総務』発行元だからこそできるコンサルティング・メニューです。

「良い会社」づくりをリードする総合管理部門としてのあるべき姿を示し、「守り」と「攻め」の両面から、御社の管理部門業務を強化します。

05・総務部門向け営業コンサルティング

営業対象となる総務部門担当者に対し、いかにして納得感のある提案営業ができるか!?

『月刊総務』で行った総務部門アンケートによる総務の現状や、コンサルタント自らが持つ総務部の経験を通じて、総務部門への効率的な営業方法をコンサルティングします。