社長メッセージ


ウィズワークスビジョン

2017年7月、ウィズワークスは20周年の節目を機にミッションをあらためて定義しました。
「社会に良い会社を広め、世界中の働く人を幸せにする」――私たちは「良い会社づくり総合支援」を核とし、来るべき30周年を見すえて各事業でさまざまな挑戦を始めています。


社内報事業

これまで積み上げてきた社内報制作のノウハウと、社内報のシンクタンク「ナナ総合コミュニケーション研究所」の知見を活かし、インナーコミュニケーション領域でのコンサルティングから各種ツールの最適化・実制作・効果測定まで、一貫したサービスを展開。企業価値向上にコミットし、成果の見える化に取り組んでいます。

『月刊総務』事業

『月刊総務』「月刊総務オンライン」が、日本のバックオフィスのすべての課題をワンストップで解決できるメディアとして、皆様に不可欠な存在となれるよう、コンテンツおよびサービスの拡充に努めています。

良い会社づくり総合支援事業

「良い会社」づくりを実現する経営診断やコンサルティングサービスを開発、「良い会社づくり総合支援事業」として新たにスタートしています。


私たちが考える“良い会社”とは、「社員を大切にし、社員と会社がともに成長する会社」。
つまり、社員がイキイキと働き、仕事を通じて成長を実感できる。その結果として、企業が成長と好業績を実現できる。さらに、そこに関わるすべての人が幸せになれる――そんな会社です。

3つの主要事業を通じて良い会社を広め、働く人を幸せにすべく、皆様のお役に立てるパートナーとして今後も邁進してまいります。

代表取締役社長 兼 CEO 浪木 克文