namiki_2
 

【2019年展望】
さらに高まる「社内報」への期待



代表取締役社長 浪木克文


 雇用形態の多様化や「働き方改革」が進む昨今、会社と従業員の関係性はこれまでになく多様化しています。こうした中で、両者のエンゲージメントをいかにして高め、従業員のモチベーションアップ、ひいては企業価値向上につなげるか――こうした観点から「インターナルコミュニケーション」にあらためて注目が集まっています。

 施策の見直しに取り組む企業も増えています。弊社社内報総合研究所が提供する「社内報診断」「読者アンケート・グループインタビュー」「ミッション策定」など、インターナルコミュニケーション施策の見直しに関する各種ソリューションは、昨年も多数のお客様にご活用いただきました。冊子社内報やWeb社内報のリニューアル、このほど開発した「社内報アプリ」の導入など、ツールの見直しに関するご相談も増えています。

 弊社ではこのようなOne to Oneのご支援はもちろんのこと、「社内報無料セミナー」「社内報アワード」、総合情報サイト「社内報ナビ」など、社内報づくりに関わる皆様に広くお役立ていただけるサービスの拡充にも力を入れています。
 社内報のプロフェッショナル集団として、2019年も皆様のお力になれるよう、さらなる挑戦を続けてまいります。

2018年 TOPICS

top-b_nv
●Web社内報とアプリ社内報の機能を兼ね備えた「社内報アプリ」を10月1日にリリース
日本初のWeb+アプリ社内報として数多くのお問い合わせをいただき、おかげさまで年内受注分は年内納品を実現!
expo_osaka
●10月18日、17回目となる「社内報アワード2018 表彰&ナレッジ共有イベント」に過去最多249社416名が参加
応募191社520企画からグランプリを選出し、入賞結果は『週刊東洋経済』に掲載されました。 
●『月刊総務』が分社化
月刊総務事業部が8月にウィズワークスより分社化。戦略総務の実現に向けて『月刊総務』本誌と「月刊総務オンライン」コンテンツのさらなる拡充、セミナーやイベントでの情報発信をしていきます!

appli_217
●総務ワールド大盛況
毎年恒例の総務ワールド。今回も編集長の特別講演は大入り札止め。東京1,700名、大阪600名を集め、戦略総務を熱く語りました。来年はさらに名古屋でも開催。ご期待ください!