【ナナ総研】大阪で社内報制作の実務講座を実施

一覧へ戻る 2016.8.4 トピックス

2016年7月29日(金)、ウィズワークスの社内組織であるナナ総合コミュニケーション研究所が、大阪で社内報編集担当者向けに取材・ライティングと写真撮影の実務講座を行いました。

第18回実務講座 取材・ライティングの基礎を知る

午前中は取材とライティングについて、座学と実習で講義を進めました。

座学では、取材や原稿執筆の前に、「原稿を書く目的の理解」「下調べなどの事前準備が大切であること」を勉強。記事の書き方、文章の構成についてのレクチャーを受け、実際に見出しを付けてみる、といった実習を行いました。

受講者からは「文章の組み立て方が理解できた」という声を多くいただきました。

ナナ総研・取材とライティングの実務講座

▲実習では見出しを付けることにチャレンジ。問題文を真剣に読み込んでいます

第19回実務講座 写真撮影実務講座

午後は、写真撮影の講座です。社内報編集担当者は、自ら撮影をすることが多いため、撮影の技術力向上を望む声が多く、人気の講座です。

ナナ総研の写真撮影講座では、撮影の基礎について学ぶ座学は比較的短くし、実習時間を多く取っています。
取材シーン、明るい窓際でのポートレート、集合写真、座談会といった、社内報編集担当者がたびたび出くわすシチュエーションを設定して撮影実習を行います。講師が一人ひとりを丁寧に指導する本講座では、「具体的な実践があってわかりやすかった」「今後は条件に合わせて調整しながら撮ってみたい」など受講生からの感想をいただきました。

ナナ総研・写真撮影の実務講座

▲「露出の補正を+に。ピントはこのあたり」など、アドバイスをもらい、みんなで撮影

大阪での次回開催は11月4日(金)、社内報基礎セミナーです。東京でも同様のセミナーを定期的に開催しています。