エース・広報勉強会で「グローバル報」をテーマに講演

一覧へ戻る 2016.5.25 トピックス

2016年5月11日、株式会社日本リサーチセンター様が開催する「第2回 エース・広報勉強会」で、ウィズワークスの社内組織であるナナ総合コミュニケーション研究所(以下、ナナ総研)と『月刊総務』編集長とで「『グローバル報』をどう作るか」をテーマに講演を行いました。

講演する『月刊総務』編集長、豊田健一
講演する『月刊総務』編集長、豊田健一
説明するナナ総研主任研究員、古川由美
ナナ総研主任研究員、古川由美
勉強会の様子
勉強会の様子


『月刊総務』編集長・豊田健一

『月刊総務』編集長・豊田健一プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長などを経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の管理部門向け専門誌『月刊総務』の編集長を務めると同時に、総務分野のみならず広く企業のインナーコミュニケーションを研究。一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事や、総務育成大学校の主席講師も務める。



ナナ総研 主任研究員・古川由美

ナナ総研 主任研究員・古川由美プロフィール

川鉄商事株式会社(現・JFE商事株式会社)で約13年間、社内報編集業務に従事。日経連推薦社内報コンクールにて、推薦社内報15年連続受賞。その後、日本経団連推薦社内報審査委員、社内報関連セミナー講師、現在は全国社内報企画コンペティションの審査、社内報診断を務める。
ナナ総研:制作の舞台裏・古川由美編