【ナナ総研】経済広報センター主催セミナーで講義を

一覧へ戻る 2016.2.24 トピックス

2016年2月22日、ウィズワークスの社内組織であるナナ総合コミュニケーション研究所(以下、ナナ総研)が、経済広報センター主催の「第3回 広報実務担当者向け実践フォーラム・交流会」で講義を行いました。

「全国社内報企画コンペティション」(※)の受賞企画の傾向も交えた本セミナーには、全国約40社の広報担当者の方々にご参加いただきました。

全国社内報企画コンペティションとは、社内報担当者のモチベーションアップ、社内報業界の活性化、社内報の地位向上を目的に、ナナ総研が2002年から行っている社内報の「企画」のコンペティションです。

概要

テーマ いま求められている社内広報担当者の役割と社内報基礎講座
プログラム

[ 講義 ]

タイトル:これからの社内メディアと社内広報担当者の役割

講師: 豊田健一(ナナ総研所長/『月刊総務』編集長)


[ 基礎講座① ]

タイトル:取材とライティング

講師: 古川由美(ナナ総研 主任研究員)


[ 基礎講座② ]

タイトル:写真撮影とデザイン

講師: 古川由美(ナナ総研 主任研究員)

講演するナナ総研所長、豊田健一
講演するナナ総研所長、豊田健一
演習を指導するナナ総研主任研究員、古川由美
演習を指導するナナ総研主任研究員、
古川由美
約40社が参加
約40社の広報担当者の方々が参加されました

ナナ総研では、社内コミュニケーションや社内報づくりに関するセミナーや勉強会を開催しています。ナナ総研主催以外に、企業様内での勉強会など主催者様のご要望に応じてオリジナルのプログラムもご用意できますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


ナナ総研所長・豊田健一

ナナ総研 所長・豊田健一プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長などを経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の管理部門向け専門誌『月刊総務』の編集長を務めると同時に、ウィズワークスの社内組織、ナナ総合コミュニケーション研究所所長として企業のインナーコミュニケーションを研究。一般社団法人ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事や、総務育成大学校の主席講師も務める。一方、10余年におよぶ社内報編集経験から、多業種の社内報創刊・リニューアルをコンサルティング。ウィズワークス社内報事業部長を兼任



ナナ総研 主任研究員・古川由美

ナナ総研 主任研究員・古川由美プロフィール

川鉄商事株式会社(現・JFE商事株式会社)で約13年間、社内報編集業務に従事。日経連推薦社内報コンクールにて、推薦社内報15年連続受賞。その後、日本経団連推薦社内報審査委員、社内報関連セミナー講師、現在は全国社内報企画コンペティションの審査、社内報診断を務める。
ナナ総研:制作の舞台裏・古川由美編