給付型奨学金の新設で当社社長が「朝日新聞」に取り上げられました

一覧へ戻る 2015.12.11 トピックス

当社の代表取締役社長兼CEOの前田知憲が代表取締役を兼務するハーベス株式会社は、今年度、給付型奨学金を新設しました。今月1日、今年度の対象となる学生への認証書が手渡され、本日の朝日新聞朝刊で紹介されました。

ハーベス株式会社が新設した奨学金について

ハーベス株式会社が新設した奨学金は、児童養護施設や里親のもとで暮らす子供が大学や専門学校に進学する際、4年間で最大750万円を援助するもので、入学金や授業料に加えて生活援助金も含まれます。

前田社長が個人的に続けていた施設への寄付活動の中で、「子供たちが進学に苦労していると聞き、一歩踏み込んだ支援をしたい(朝日新聞から引用)」と設立されたもので、「学業に集中してもらいたい」と生活援助金も含めた全国でも高い水準の奨学金額を給付します。

支給継続の条件を「学部内の成績が上位3分の1に入ること」としたのには、「お金を出すだけではなく成長を見守りたい」という前田社長の思いが込められています。