総務・人事ワールド2015で「社内コミュニケーションの活性化」を語ります

一覧へ戻る 2015.7.2 トピックス

2015年7月8日(木)から10日(金)の3日間、東京ビッグサイトで行われる「総務・人事ワールド2015」で、『月刊総務』編集長・豊田健一がセミナーを行います。

成功事例を中心に、社内メディア、社内イベント、オフィスレイアウトといった三つの施策を有機的に結び付けることで社内活性を図るポイントを解説します。

ご興味のある方はぜひご来場ください。
(セミナーは事前申し込みが必要です)

※『月刊総務』で出展しています。
(ブースNo.15-13:1階 西1・2ホール中央)


『月刊総務』編集長・豊田健一

『月刊総務』編集長・豊田健一プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の総務向け専門誌『月刊総務』編集長、ナナ総合コミュニケーション研究所主任研究員。総務育成大学校 主席講師。総務経験、社内報の企画編集の実績を生かした総務と社内コミュニケーションのコンサルや講演など多数。


講演番号:
OFS-T2 社内コミュニケーションの活性化
テーマ:
総務で行う、三位一体の社内コミュニケーション活性化施策

▼日時:2015年7月9日(木) 9:30~10:40
▼場所:特別講演会場/専門セミナー会場(ビッグサイト会議棟)
※詳しい部屋割りは当日会議棟2Fの看板でもご確認いただけます。

▼申し込みサイト:http://www.ofs-expo.jp/seminar/