『月刊総務』編集長・豊田健一が主席講師を務める「総務育成大学校」が開校!

一覧へ戻る 2015.4.24 トピックス

「総務育成大学校」は日刊工業新聞社が主催する中小企業向け総務人材育成プログラムです。全18回にわたるカリキュラムは2015年6月からスタートします。

嘉悦大学 ビジネス創造学部学部長の黒瀬直宏 教授を校長に迎え、 「マイナンバー制度」「メンタルヘルス」「危機管理」などの各専門家が講義を行うカリキュラムを通じて、総務部門の業務を体系的に学ぶことができる「総務育成大学校」。
『月刊総務』編集長の豊田健一は、主席講師として「総務概論」「社内コミュニケーション」のカリキュラムを担当します。

幅広い業務に携わる総務部門の方、新しく総務部門に異動された方に、ぜひ受講していただきたい講座です。詳細や申込方法は以下のURLからご確認ください。

▼開催概要・お申し込み方法
http://www.kibanken.jp/somu/#gaiyo

「総務育成大学校」サイトトップページ総務育成大学校 公式サイトトップページ(2015/4/24現在)
募集定数は40社で申込先着順ですので、ご興味のある方はぜひ早めのチェックを!


『月刊総務』編集長・豊田健一

『月刊総務』編集長・豊田健一プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、日本で唯一の総務向け専門誌『月刊総務』編集長、ナナ総合コミュニケーション研究所主任研究員。総務育成大学校 主席講師。総務経験、社内報の企画編集の実績を生かした総務と社内コミュニケーションのコンサルや講演など多数。