『人本経営』の小林秀司氏も関わる「人を大切にする経営学会」設立総会が開催

一覧へ戻る 2014.9.23 トピックス

『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者、法政大学大学院の坂本光司教授が代表発起人を務める「人を大切にする経営学会」の設立総会が、2014年9月23日、法政大学市ヶ谷キャンパスで行われました。

学会の主目的は、「人をトコトン大切にしている企業こそが、好不況にぶれず好業績」という先行研究の深化・体系化と、人を大切にする企業経営の普及。『人本経営 ー「きれいごと」を徹底すれば会社は伸びるー』(Nanaブックス発行)の著者・小林秀司氏も関わる新しい学会です。

▼『人本経営』は、「幸せ軸」経営の本質とその実践方法をまとめ上げた経営の指南書です。坂本光司教授の一番弟子である小林秀司氏が、何百社もの「いい会社」研究を続けた中で選りすぐった人本経営の実践事例20社を取り上げ、解説しています。

▼ご購入はamazonで!
『人本経営』

「人を大切にする経営学会」設立総会「人を大切にする経営学会」設立総会で。経緯や趣旨を説明する法政大学大学院政策創造研究所 坂本光司教授
「人を大切にする経営学会」設立総会-02企業経営論の歴史的な転換機に立ち会いたいと全国から460名もの学会員が参加しました
『人本経営』著者の小林秀司さん(中央)と『また、あの人と働きたい』の黒岩功さん(右)『人本経営』著者の小林秀司さん(中央)を囲んで「ル・クロ」の黒岩功さん(右)と「ル・クロ」1号店マネジャーの小山田順子さん(左)。黒岩さんは、『人本経営』にも登場するフレンチレストランの経営者で、「人を大切にする経営」実践企業の代表として招待されました。「ル・クロ」の人本経営については、『また、あの人と働きたい』(Nanaブックス)をご覧ください