全国社内報企画コンペティションで受賞企画決定!10月の社内報アワードで部門1位を発表。

一覧へ戻る 2016.9.6 プレスリリース

表彰イベント「社内報アワード2016」は10月21日開催

awardtate

2016年9月1日、ウィズワークス株式会社(東京都新宿区・代表取締役社長 浪木克文)が運営するナナ総合コミュニケーション研究所(東京都新宿区・所長 林 利和)は、同研究所が主催する「全国社内報企画コンペティション」の受賞企画・企業を発表しました。

入賞企画一覧はこちらからご覧いただけます

社内報業界の底上げを目的とした本コンペティションは、年に1回開催。年々応募企業が増加し、今年は544企画が参戦。3か月をかけて審査した結果、特集部門、連載部門など6部門の優秀企画が決定しました。10月21日に開催する社内報アワード2016で部門1位を発表します。

社内報は社会を映す?!今年の注目テーマは「グローバル」「インバウンド」

社内報の発行目的は、経営方針の浸透、情報共有など企業によってさまざまですが、社内報は、時代の変化に企業がどう対応すべきかを社員と共に考え、企業価値向上へと導くインターナルコミュニケーションの要だと私たちは考えています。

その視点で、今年応募いただいた544企画を見つめると「グローバル」や「インバウンド」のテーマが浮き出てきます。「女性活躍」は昨年から引き続き注力点であることがうかがえますが、来る2020年のオリンピックイヤーに向けた取り組みが顕著になった年といえましょう。

「社内」報だけでなく、「グループ」報、「部内」報が盛んに!

今年もう一つ特筆すべきは、社内報の幅が広がった、という点でしょう。
従来「社内報」は、1企業1誌が定番のスタイルでしたが、今年は、部門ごと専門職ごとなど読者をカテゴライズし丁寧にコミュニケーションを重ねたものや、広くグループ全体の求心力を求めたものが見受けられました。企業がインターナルコミュニケーションに一層注力し始めている姿がうかがえます。

10月21日の「社内報アワード2016」で部門1位を発表

2016年は、運営会社ウィズワークスの創立20周年の年。全国社内報企画コンペティションも15回を数える節目にあり、名称を「社内報アワード」に変え、表彰式を含めたイベントのプログラムを変更しました。
その一つが、部門1位の発表です。入賞作品一覧中「ゴールド賞」受賞企業が1位の候補となります。
鹿島建設株式会社、株式会社リクルートホールディングスなど社内報の歴史を担う常連会社が、1位の座に輝くのか。はたまた、株式会社サイバーエージェントなど業界の先鋭が歴史を塗り替えるのか。当日が心待ちにされています。

社内報アワード2016 開催概要

日時:2016年10月21日(金) 13:00~19:00 (受付 12:15~)
会場:品川インターシティホール (東京都港区港南2-15-4)
詳細:http://wis-works.jp/labo/award2016/