【今年も開催!募集開始】
第15回 全国社内報企画コンペティション

一覧へ戻る 2016.2.8 プレスリリース

ウィズワークスの社内研究組織「ナナ総合コミュニケーション研究所」が毎年開催している「全国社内報企画コンペティション」を、今年も開催します。

「全国社内報企画コンペティション」は今年で第15回、区切りの年となりました。秋には恒例の表彰式とイベントを、会場も新たに盛大に行う予定です。

第3者の目で評価される機会の少ないあなたの会社の「社内報」を、プロの診断を参考にレベルアップさせるチャンスです。あなたの「イチオシ企画」をぜひご応募ください。

応募要項

社内報企画コンペ募集要項のDMをご希望の方は「Commu-Suppo」ネットからお申し込みください。

応募条件

2015年4月~2016年3月に発行された、
おもに社員、職員を対象とした社内誌、Web社内報、周年誌・記念誌

応募部門

社内誌部門

(1)特集・単発企画部門(8ページ以上部門、7ページ以下部門に分かれる)
(2)連載・常設企画部門
(3)表紙企画部門

Web社内報部門

特別部門

応募方法

ナナ総合コミュニケーション研究所のホームページ「Commu-Suppo」ネットから応募用紙などを入手し、ご応募ください。

応募締切

2016年5月9日(月)必着

応募費用

社内誌部門およびWeb社内報部門

Commu-Suppo(有料)会員:基本料金 20,000円(税込)
一般:基本料金 36,000円(税込)

 ※基本料金では企画4本まで。
※5本目からは1本増えるごとに4,000円追加となります。


特別部門

周年誌・記念誌等、1誌につき
Commu-Suppo(有料)会員:20,000円(税込)
一般:36,000円(税込)

「会社を元気に、社員をイキイキ」させる社内報を応援する
「全国社内報企画コンペティション」とは

第14回全国社内報企画コンペティション表彰式の様子

キラッと光る人物紹介、社運を賭けたプロジェクト紹介、大激論になった座談会……。社内報の「企画」には、「ここを読んでほしい!」という編集者の思いが込められているはずです。

そんな社内報編集者の思いが込められた社内報の「企画」を、1企画に対して3人の専門家が審査するコンペティションが「全国社内報企画コンペティション」です。

編集体制や予算などが反映しやすい「社内報1冊全体」ではなく、「企画」を審査しますから、どんな環境下で編集された社内報でも応募いただけます。

審査の結果は、すべての応募者に診断報告をお送りする一方、優秀な企画にはゴールド賞やシルバー賞などを授賞し表彰を行います。