第29回大阪コミサポ社内誌セミナー(11/29)

一覧へ戻る 2013.11.22 イベント

今、社内誌の編集を少人数で、また一人で担当されている方も多いようです。

社内誌の編集はまず編集の基礎を知ることが大切です。
企画の立て方、記事の書き方、見出しやレイアウトの基礎を学ぶことによって、社内誌の編集作業も楽しくなります。
スキルを学んで、社内誌の腕を磨きませんか。新任の担当者の方、もう一度基礎から学び見直したい方、ぜひいっしょに勉強しましょう。

日時

2013年11月29日(金) 10:00~17:00(受付9:45~)

会場

大阪青少年センター(KOKO PLAZA)802会議室
大阪市東淀川区東中島1-13-13

http://www.kokoplaza.net/access.html

テーマ

「社内誌編集の基礎を学ぼう」

講 師:元/クラボウ『ドウシン』編集長 岡崎 尚江

講師プロフィール

クラボウ(株)で人事・労務部門に所属し、教育・労務・メセナ関係などを担当するかたわら、18 年にわたって社内誌『ドウシン』の編集に携わる。現在は、関西社内報研究会社内報アドバイザー、「全国社内誌企画コンペティション」審査員を務める。

プログラム

10:00 ~10:40 社内広報の役割と編集者に期待されるもの

経営を取り巻く環境が変化する中で、社内広報も経営課題を的確に伝え、企業風土を高める使命があります。
社内広報の役割は何か、担当者に何が求められるかを考えてみましょう。

また、社内広報が理解されるためにも、企画書なども今一度考えましょう。
(5分休憩)

10:45 ~11:40 読ませる社内誌企画の考え方と情報収集

社内誌は企画が勝負です。企業にとってどのような企画がいいのか、どんな企画が考えられるか。
そして良い企画のために情報収集の方法を探ります。
(昼食休憩 60分休憩)

12:40 ~14:10 読みやすい原稿作成と校正

読まれる、分かりやすい原稿の作り方を学び、原稿作成にトライしましょう。
良い文章も誤字や校正ミスがあると、それだけで信頼を失います。
校正のコツも学びましょう。
(10分休憩)

14:20 ~15:40 魅力ある見出しとレイアウト

誌面をより魅力あるものに、読みやすい誌面にするためには見出し、レイアウトが大切です。

魅力ある見出しの考え方、レイアウトの基礎知識を学びましょう。
また、誌面を活かすには写真の扱いも大切です。写真の知識も併せて学びましょう。
(10分休憩)

15:50 ~17:00 Q&A「社内誌なんでもクリニック」

いま直面している編集の課題・編集上の悩みにお答えします。
また社内誌を拝見してアドバイスします。

参加費

コミサポ会員※12,000円(一般17,000円) ※メルマガ無料会員は除く
★参加費は当日現金でお支払いください(領収書をご用意します)
★カジュアルな服装で結構です。

お申し込み締め切り 11月25日(月)まで

★参加希望の方は、コチラからお申込みいただくか、コチラのpdfデータの申込書にご記入のうえ、FAXで送信してください。
★当日の指導上の参考として、事前に講師に渡しますので、お申し込みと同時に、最新の社内報を2部、裏面の住所までお送りください。1部は講師に、もう1部は当日の参加者向け閲覧用とさせていただきます。
※未発行の場合は不要。

お申し込み

お申し込みはコチラから、お願いします。

詳細プログラム

詳細プログラムのチラシpdfファイルはコチラからドウゾ!

同日開催の「第18回 コミサポ大阪社内報研究会」のご案内

詳しくはコチラからドウゾ!