企業のCSRサポート

ウィズワークスのCSRサポートは「読まれるCSRブック」づくり

CSRの最大の課題は社内浸透

一番身近なステークホルダーは社員です。

社員の目線に立ち、社員の気持ちに寄り添いながら、伝えたいコンテンツを企画、編集する――これは、社内報制作と同じ。まさに、長年、社内報制作を通して社員に読まれる企画立案と編集技術を磨いてきた私たちだからこそできる社内浸透のお手伝いです。

社外への浸透は専門家のサポートで

環境とCSRの専門誌『alterna』発売元でもある私たちは、『月刊総務』『alterna』を通じて形成されたCSR専門家のネットワークをもっています。専門家の英知を活かしたCSRの戦略立案や組織体制づくりからお手伝いしています。

ウィズワーク式CSRブック&レポート

人が興味を持つものは「人」――人に寄り添い、人を取り上げることが、伝えるメディアの近道です。

企業のコミュニケーション・メディアの目的は、「読まれること」ではありません。読まれた先に「知られ」「理解され」「共感され」そして「企業のファン」になってもらうことです。

だから「人」。社員の登場がおススメです。

社員を社内報的な「人物登場」企画で社内外に上手に伝えるのには、ちょっとしたコツがあります。人を通じたストーリーの組み立てで、共感と行動に結び付く企画・編集は、私たち社内報制作のプロの得意技です。